イメージ画像

日本でのAddyiの個人輸入代行での購入方法


読み方は日本ではアディになります

新聞やネットなどでニュースが特集され女性用バイアグラのAddyiの存在を知った方も少なくないのではないでしょうか。

以前からアメリカではいつFDAに性的欲求低下障害(HSDD)の治療に使われる薬が認可されるかと話題になっていました。

他の名称としてフリバンセリンとも(こちらの方が有名かもしれません)呼ばれる、製薬会社のスプラウト・ファーマシューティカルズが製造した商標Addyiを待ちに待っていた女性だけでなく男性も少なくないのではないでしょうか。

しかし、承認されたのは条件付きということで副作用などには注意しなくてはいけません。

↓アディのジェネリックを服用してみました↓

現状ではいくら今すぐに挑戦してみたい場合は日本ではまだ販売などはされていないため、残念ですがこれは承認されたアメリカから個人輸入代行をする購入方法しかないでしょう。

もしくは現地で買うか、またはお土産などで頼むかの選択になります。

まだ新しいものなので世界的にも効果などの口コミや噂などは少ない状態です。

病院で診察を受けて医者に処方して貰う方法が今後共に一番の確実な、今すぐにでも、これからできる手に入れ方になってくることがED治療薬は予想できます。

また恐らく日本でもニュースや記事を見た女性だけでなくバイアグラを知る男性によって人気も当然ながら殺到しますので、これから恐らく売り切れが続出するでしょう。

そして、それによって価格も高騰してしまい、なかなかAddyiをネットでの購入は簡単にはアメリカからもすぐには通販できなくなるかもしれません。

Addyiの副作用や条件を飲む前にチェックしましょう


病院の医師や医療専門家の指導の元

基本的にはAddyiは性的欲求低下障害という症状に対する薬ですので、いくら女性用のバイアグラと言うジャンルだからと言って購入するのであれば副作用を軽視してはいけません。

現段階でわかることはアメリカでも、普通にドラッグストアや薬局などで誰でも手に入れることができるようなアイテムではないということです。

病院で医師による診察を受け、副作用や条件などを受けるという元、Addyiは認可されたものです。

そう考えると日本で手に入れることができるようになるまでは、時間が掛かりそうです。

また、この種類の副作用などを踏まえると、仮に探して購入する事が出来たとしても、ED治療薬の通販ではなく飲む前には医師のチェックを行ってからにした方が良いでしょう。

アメリカで承認されたAddyiの副作用で事故や重体、死亡例などがまだ、あまり、ここでも報告されていないのは、これはバイアグラと違い圧倒的に服用者の絶対数がまだ世界やネットで見ても本当に少ないからです。

今後、ネガティブな意味での方向性としてそういった面で悪用されてしまう危険も懸念されています。

何も知識を持たずに挑戦する事や、パートナーに最初に了承を得ることなく勝手に使用する事はアメリカのようにまだ、長い過去の歴史もありませんので、絶対に禁止です。

男性の購入が日本では予想されるAddyi

使い方や飲み方を間違えると副作用で危険

欧米諸国とは違いセックスに関する情報がオープンになっていない日本ではAddyiの情報や通販での購入方法なども一般的になるまでにかなり時間が掛かるでしょう。

現状では一部のバイアグラ関連の情報が早い男性がネットのアメリカからED治療薬の個人輸入代行などで、挑戦するチャンスを狙っているような状態になっています。

ただし世間的に言い媚薬とは意味が異なりますので注意しましょう。

また、女性が積極的にこういった種類の薬やジェネリックを使用する事に対してあまり良いイメージがない文化がこのように残っています。

仮にHSDDという性的欲求障害と言うような症状があったとしても、どんな理由でも病院に行く事さえ、ためらってしまっている女性は少なくないのではないでしょうか。

その反面でアメリカとは違いセックスレスや夫婦生活の質や回数に対して、こうして何かしらのストレスを抱えてしまっている家庭は現代社会ではかなり多くあります。

それが理由で離婚に繋がってしまう可能性も実際にあるのです。

そういった意味でも女性用バイアグラのAddyiはある意味では、少子化の突破口になる可能性を秘めていると言っても過言ではないでしょう。

正しい方法で条件を守って副作用などのケアをしっかりとしながら服用できれば、これは効果はあるかもしれません。

ただし、いくらアメリカで承認されたものでも体調や環境によっては、ED改善薬は効かない場合もあります。

閉経していたり、常備薬がある場合は医師に相談をまずすることから始めましょう。

Addyi以外にも今後はフリバンセリンのジェネリックが、ここでは世界的に発売されることが予想できます。

バイアグラ通販【偽物を購入しない方法ED治療薬ジェネリック】


このページの先頭へ