イメージ画像

承認されたフリバンセリンの購入方法とネット通販

100mgを購入してみました。

実際に服用してみないと口コミばかり見ていても始まらないと思い通販してみました。

箱の側面にはフリバンセリンの文字

一箱の値段は3,980円で一錠が995円の計算になります。

箱の裏面には30℃以下の場所に保管と記載

神経伝達物質の分泌を促すもので、ラブグラやバイアグラとはちょっと作用が異なるようです。

鮮やかなピンクの錠剤

いつも疑問に思いますが、ここまで鮮やかなピンクにしなくてもよいのに。それでも間違えて服用したりしないで済むので良いのかもしれません。

パッケージの裏面

これが偽物かどうかは、自分の目で見ては正直わかりません。ネットで検索しても情報自体が少ないため知識がなければ判断する事はできないのではないでしょうか。

無味無臭のフリバン100mg錠剤

早速、妻に説明して性行為の一時間前には服用して貰いました。

以前にもラブグラを飲んでいるため、うちの場合は特に抵抗はなく、むしろ興味津々という感じです。

アルコールと一緒に摂取すると副作用が出やすいというフリバンセリンの口コミを見たため、素面で服用して貰いました。

結論から言ってしまうとうちの妻の場合は、フリバンセリンにはあまり効果を感じられなかったようです。

体験談などを探してみると、出来る限り毎日服用した方が良いということなので、徐々に変化していくのかもしれません。

他の女性用のバイアグラと比較するとうちの嫁にとっては、ラブグラの方が体質的に合っているのかもしれません。

これから飲んでみたい!効果が気になる方へ

世界では今日、標準として男女にとって最早当たり前になって来ているセックスに対しての女性の悩みやコンプレックスも日本では未だオープンではなく、フリバンセリンという女性用のバイアグラの存在を知っている方は未だに少ない方ではないでしょうか。

もちろん、これは最近アメリカでも承認されたばかりのドイツの性的欲求低下障害治療薬で、ギロサという呼ばれ方もされています。

構造を簡単に言うと女性の性欲を高める目的や不感症の改善などに用いられ、フリバンセリンのその効果は治験でも認められています。

本音を言うと女性なら一度はED治療薬を使ってみたい?

フリバンセリンは夫婦で、不感症だったりセックスレス状態にあることでかなりのストレスを抱えていたりします。

興奮して何度もオーガスムス所謂イク絶頂を味わったことがない方にも変化が期待できるものです。

ただし、市販されているわけではない治療薬ですので、これは安全が保障されているわけではなく、これにはどうしても副作用も伴います。

現状の日本での購入方法は個人輸入代行業者によるネット通販が今後扱われる予定となっております。

しかし、今すぐにフリバンセリンを使ってみたいという場合は同じ効果が期待できる商品を購入してみましょう。

まず、これは基本的には価格は四錠入りの一箱で三千円以下の物ですので、このように様々な、副作用などの口コミを見て買ってバイアグラをここではお試しをしてみるにはお手頃でしょう。

どのような効果が出るかフリバンセリンは使ってみないとわからない

副作用や精神的な依存の可能性も

これからフリバンセリンを買って使ってみたいと考えている女性だけでなく、これをパートナーに進めてみようと目論んでいる男性はデメリットも理解しましょう。

その上で、個人輸入代行やネット通販などでの注文をしましょう。

まず、基本的には飲めば興奮するというようなタイプではないということです。

そういった点はバイアグラと同様で効果を勘違いしてはいけません。

媚薬というものとジャンルが一食短で扱われることが多くありますが、フリバンセリンは全く別物と今後は考えて良いでしょう。

もちろん体質に合うかどうかは飲んでみないと、誰にも解らない部分でもあります。

年齢や現状抱えている病気などによっては、副作用である吐き気、または眩暈や眠気などが表れてセックスどころではなくなってしまうような可能性も、場面や状況によってはかなりありえます。

そういった意味で安全性を重視するのであれば、まずは現状日本では購入する事は市販されているわけでもなくできません。

掛かりつけの病院の医師に、まずは購入の前に相談して女性用のバイアグラを処方してもらいましょう。

また効果を過剰に、期待し過ぎるといけません。

そして、どんな入手方法であっても特に男性はED治療薬ではなく催淫剤として使ってみるということは、ここでは絶対に禁止すべきことです。

通販は未定ですが、あくまで夫婦間や恋人同士でお互いが認め合った状態で、このフリバンセリンを服用しましょう。

そして愛するパートナーの許可なしでの勝手な購入や使用は男としてもしてはいけない最低の行為です。

フリバンセリンの過去の事件やトラブルとは

将来的と向き合い真剣に副作用もを考えましょう

世界的にも注目されていたフリバンセリンの米食品医薬品局FDAの承認の問題は実は過去にも同じような事件が起きています。

アメリカでは市場の大きい女性用のバイアグラにドイツのベーリンガーインゲルハイムが参入すること自体が、ここでは問題視されていたのではないでしょうか。

もちろん、プラシボ偽薬と比較して、実験の結果が効果が見られなかったものとされたのです。

しかし、これは実際の所のドイツとアメリカ国の本当の事情はわかりません。

過去には2010年だけでなく2013年も同様の治験の結果を持って様々なED治療薬の事件に対するアクションがありましたが、結局、これが認可されることはありませんでした。

しかし、2015年6月にこの性欲を高めるためのプラシボという商品がやっと認可されました。

これが日本でも市販されれば、幅広い年齢層の女性の性生活が大きく変化する事が予想されています。

現状ではネットでの購入は個人輸入代行でも通販は難しいものとなっていますが、しかし、これが時間と共に徐々に進出してくることは、どうしても否めないでしょう。

好奇心や経験値として、興味があり一度は服用してみたいと考える女性も少なくないのではないでしょうか。

使ってみたという体験談や感想も今後ブログやSNSでも増加してくるでしょう。

しかし、ここで徹底して注意しなくてはいけないのは元々の効果は抗うつ剤として、また長年の研究の末、女性用ED改善薬として本来は開発されたものであるということです。

なんらかの副作用のリスクは拭い切れない状態であることは、否めません。

またジェネリックも男性の勃起の薬と一緒で入手方法によっては、状況によっては何らかの良くない事件やトラブルに発展しかねない物でもありますので、このピンクバイアグラの購入の際は注意が必要です。

このページの先頭へ