イメージ画像

バイアグラのジェネリックではカマグラが通販で一番人気です


カマグラゴールドは価格設定も含め魅力的です

純正版と同じシルデナフィルが配合されているジェネリックの医薬品です。

値段は100mgが一粒1,500円から2,500円未満なのに対してカマグラゴールドは一粒400円程度です。 インド産も基本的には同等の成分が配合されていて効果も変わらず得られるなら、特に問題はなく気にしないで良いという時に期待できるのでおススメです。

また既に偽物でない正規品のファイザー社の純正バージョンのバイアグラを何度かED改善薬に、チャレンジした経験があるのであれば、副作用もなく満足いく結果を得られている場合はコストも考えて移行も継続していくための方法の一つと言えます。

経済的な負担も当然掛かってきますので、シルデナフィルクエン酸塩錠の通販する際はお小遣いや家計と相談しながらジェネリックを購入しましょう。

レビトラとシアリスとバイアグラと違いを比較

月にどれくらいの頻度や回数で性行為を行うかは当然のことですが年齢や環境によって当然、異なりますし、それによってジェネリック医薬品を選択するかどうかも関係します。 週に三回だとしても月に五万円近く通販のコストが掛かってしまうという現実的な数字があります。

慣れてきたらインド産のジェネリックに移行するのも一つの手

未だこのようなED治療薬の経験がないビギナーは、最初はやはり値段は高くても優先しましょう。 このファイザー社のバイアグラの本物の評判がどうかを試してみるのが、副作用の面でも、やはり安心できます。

偽物ではないですが現状ではタイやインドで生産しているシルデナフィルのジェネリックの医薬品に対しての、考えや思想は人それぞれ優先や段階が順序も異なります。 日本でも今後この業界はより一層ニーズは高まり、安定して高齢化と比例し徐々に右肩上がりに世間一般に浸透していく事が期待されます。 ある程度は結果が予想されています。

インド産のバイアグラのジェネリックの医薬品のカベルタ


一箱8粒が2,000円以内で購入可能

あまり医薬品やシルデナフィルについて知識がない場合、インド産のバイアグラのジェネリックのバージョンと聞くと評判でも不安になる時が大半です。

しかしRanbaxy Laboratories社はインドでこの分野において世間では最大手と言われる大企業で世界に進出に成功している会社です。 このカベルタの一番の魅力的な特徴は価格設定です。

ファイザー社のED治療薬と比較すると、一粒当たりの単価は驚くことにここでは種類によっては10倍近くジェネリックの方が大きく下がります。 日本においてこの医薬品は偽物のようで、このように未だ浸透しているとは言い難い状態になると現段階では予想できます。

最初からジェネリックは抵抗があるという男性も

実際に通販でカマグラやカベルタの副作用の危険を少なからず、結果としてはこれを口にする人もいます。 しかしこれらのジェネリックで体に合わない場合はお医者さんで処方して貰っても結果はさほど大幅には変わらない、こうして同じく何も起こりません。

主成分をクエン酸シルデナフィルとしていないシアリスやレビトラなどの比較的知名度が高い治療薬をポジティブに意欲的に考えて試しましょう。 挑戦後のインド産の期待値は変化は個人差があり結果は飲んでみないと誰にもわからないのは現段階ではある程度は残念ながら理解しなければならないない事です。

バイアグラの体験談と口コミ~実際に飲んでみた感想は?

国産が良い人へ!東和薬品のジェネリックのトーワ

トーワは安心の国産の日本製のジェネリックです

世界で初めてED対策のお薬として誕生したのが、あのバイアグラです。

米国の製薬企業が販売し、その後、日本を含むインドをはじめとして世界各国に普及しました。

その知名度はとても高く、EDに悩んでいない成人男性にも知れ渡っています。

またED治療薬イコールといった認識を持つ方々もいらっしゃいます。

経済的にはジェネリックが断然お得です

その分野では後発の治療薬がひっきりなしに開発、販売されていますが、これが未だに世界中の男性ユーザーはパイオニアであることを優先的に購入しています。

国産のジェネリックのトーワの長所として、各専門家が口をそろえて指摘するのが強い即効性です。

通販での服用後、短時間で勃起不全の症状が無くなります。

他のトーワのような日本製の治療薬だと、服用後の数時間は待機が推奨されますが、

そのお薬だと、体内に取り込んでからの長さは約20分から30分で下半身に働きます。

勃起不全の原因を素早く取り除き、男性器の勃起を正しくガイドしてくれます。

その際に男性を強制的に発情させるような効果は現れませんし、いわゆる興奮剤のような、危険な働きは成分に一切含まれておりません。

ジェネリックを飲んだからといって、唐突にペニスが勃起する事はなく、あくまで男性個人の意思がなければ、全く下半身は静かなままです。

更にお薬の作用が生じる時間になっても、性的な刺激がペニス周辺に加わらなければ同じ勃起する恐れはありません。

日本製のトーワを例えば、帰宅途中に服用したとしても、問題なく通勤の電車やバスに乗り込めます。

恋人や奥様等からの性的な接触がない限り、効用は一切生じませんので、ジェネリックのトーワの効果ピークと性行為の時間が重なるように、逆算した形で事前摂取しても問題はありません。

日本のジェネリックは信頼度も高くトーワも人気です

お値段的にも嬉しいトーワのジェネリック

注意しなくてはいけないのは、ED改善の効果が継続するのは、五時間から六時間の間です。

服用後は出来る限り、無駄な作業や外出は控え、性行為の準備に努めましょう。

また日本のED治療薬は食事によって効果が上下しやすい医薬品です。

ED治療薬は原則、食前の使用を推奨されており、食後に飲んだ場合、メリットが半減します。

特にお酒や脂っこい高カロリー食との相性は最悪ですので、必ず夕食や夜食の事前に服用を済ませておきましょう。

そして気になるトーワ1錠あたりの値段ですが、平均的なサイズである25mgで、通販ではおよそ1300円、50mgで1400円から1600円となります。

専門的な役割を持つ医薬品ですので、家庭用のお薬に比べますといささか高級品です。

何度か試して、ジェネリックを比較してみましょう

一週間に一度、性行為をするカップルだったとしても、そのコストは決して安くないでしょう。

バイアグラは高性能なED治療薬ではありますが、高級なブランド品であり、維持費の問題から、せっかく効果を実感しているにもかかわらず途中で服用をやめてしまう夫婦もいらっしゃいます。

そういった方々に嬉しい存在となるのが、トーワが提供するものです。

トーワと言えば日本製のジェネリック医薬品の企業として既にTVCMでお馴染みでしょう。

大きめサイズの50mgが約1000円で提供されており、新薬に比べて大変お得です。

特に服用頻度が高い新婚カップル、子作り真っ最中の夫婦には大変嬉しい存在になります。

当然のことながら、新薬と全く同じ主成分を含有しています。

主成分が完全に同じですから、効き目の早さや強力な勃起力、医薬品としての信用度、安全面も限りなく同レベルです。

またトーワのジェネリックは新薬に比べて体内で溶けやすい特長を持っています。

ED治療薬特有の味や独特の触感がなく、誰でもコップ一杯分の水で確実に飲み込めます。

溶けやすい仕様なため、飲水が得づらい外出時でも国産のトーワのお薬なら服用出来ます。

唾液程度の水分でゴクリと胃の中まで届けられるジェネリックは珍しく、トーワは厳格な認可が有名な厚労省が認めた企業ですので、初めて後発薬を選ぶ方々にも安心なメーカーです。

CMでも話題のキッセイ薬品のジェネリック

安心して使いたいなら日本の医薬品キッセイ

セックスは成人男女のライフスタイルには、国産ジェネリックも含めて欠かせない存在です。

愛情の確認方法として、恋人間の親密度アップのため、夫婦であれば子作りの手段で夜のセックスを通して、成人男女は様々なメリットを得られます。

通販できるキッセイを使用するかどうかは置いといて健全なセックスを成し遂げるためには男性サイドのやる気と精力が不可欠です。

20代から30代前半であればペニスは自然と勃起してくれますが、35歳頃から下半身に違和感を覚える男性陣は決して少なくありません。

キッセイは国産の安心感があります

丁度のその時期と言えば、仕事の責任感が増してくる時期であり、係長や部長、企画のリーダー役などを任されるタイミングとなります。

仕事で抱える心労から、ジェネリックのキッセイを飲んでも効果がない心因性のEDになる働き盛りの男性陣も多いです。

勃起不全になりますと、恋人や妻との愛情確認が出来ません。

完全に性欲が失われれば、ある意味で諦めも付くかもしれませんが、まだまだ30代から40代の元気な男性にとって、セックスの時間が無くなるのは辛い事です。

また子作りや結婚がまだ済んでいないカップルにとって、男性側がEDとなれば、女性が思い描く明るい将来の家族計画が頓挫しかねません。

心因性EDには、バイアグラが非常に良い働きを見せます。

これは既に日本人の家庭に普及する安心安全な医薬品ですので、下半身の問題に心当たりがある男性は速やかに手に入れましょう。

ただし、いわゆる平均的な所得の日本人男性にとっては一種のブランド品になります。

効果が特殊という事もあり、キッセイ薬品の様なジェネリックでなければ基本的には単価は確実に1000円を超えます。

キッセイのジェネリック50mgVIはレモンやコーヒー味

味が気になる方はキッセイがおすすめです

時期や入手法によってジェネリックはケースバイケースですが相場は1500円前後と、その通販のコストが毎回セックスの度に発生する事となります。

土日連続でバイアグラを用いたセックスをすれば週末だけで3000円以上のコストが掛かります。

安心で且つ安全なオリジナルのブランドは捨てがたいところですが、コストを理由に一度や二度の服用で終わってしまえば、それこそ本末転倒です。

チャレンジ精神で飲みたいが、維持費が非常に高く感じるため入手する気にならない、そういった方々は一度、キッセイを思案しましょう。

キッセイはユリーフ錠やグルファスト錠、ガスコン錠などを製造する老舗の医薬品メーカーです。

最近ではED治療薬の開発にも力を入れており、後発薬を製造、そして販売し始めました。

キッセイのジェネリックは飲みやすい味付き

ジェネリック医薬品とは要するに新薬の廉価品です。

決して性能や効き目が落ちたB級品ではなく、本家と同じ主成分と医学的メリットを持ち合わせています。

医薬品の色や形、サイズ等に差異が見られるものの、本家製品よりも圧倒的なコストパフォーマンスを誇りつつも、新薬と同じ使い方が出来る製品ですので、お薬代を理由にED克服を我慢しているカップルには最高のアイテムになります。

シルデナフィルもセックスを始める1時間から3時間前に服用します。

服用によって現れる効果持続力は、4時間から6時間前後であり、セックスの回数にすれば、3回から4回分の勃起補助が得られるでしょう。

ただキッセイのジェネリックも本家同様にほてりや頭痛、消化不良の副作用がありますので、飲む場所はホテルの一室や自宅の寝室など、リラックス出来るところを選びたいところです。

そして、シルデナフィル錠は50mgで提供されていますので、初めてED治療薬を飲む方は、少し量を調整した方が良いかもしれません。

なぜなら50mgの錠剤は小柄な日本人男性には強すぎる恐れがあるためです。

実際に本家ファイザー社は25mg以下の摂取量が推奨されており、ピルカッター等で分割して摂取しても、満足行くたくましい勃起が得られます。

キッセイの方も限りなく同じ能力ですので、特に初利用の方は少量で服用した方が安全にセックスの用意が整えられます。

ゼネグラも効果は同じとされるジェネリックです

Alkem Laboratories社の商品のゼネグラ

ゼネグラは勃起不全治療薬としてかなり有名なジェネリック医薬品です。

ジェネリックのため基本成分はバイアグラと共通しており、通販でもより安価で入手できるため人気を集めています。

勃起をする機能に問題が生じている方はゼネグラを服用することによって、以前のように問題なく勃起できるようになるでしょう。

主成分はシルデナフィルであり、これは勃起をさせるために海綿体への血流量を増加させます。

勃起不全に陥っている方は上手く海綿体へ血液が流れていかない状態になっていることが多いので、これを薬の力で治すことができます。

有効成分であるシルデナフィルによって血管は拡張して血液が流れやすくなります。

ゼネグラも求めやすい価格のジェネリック

そのため、勃起が正常にできるようになりますが、使い方としては、性行為をする1時間前に服用しましょう。

1日に服用するのは1回きりにしてください。

たくさん飲み過ぎてしまったり、短い間隔で使用してしまうと、色々な副作用が生じて危険です。

服用の間隔は最低限24時間はあけるようにしましょう。

効果を最大限に発揮させる方法は空腹時に利用することです。

食事をしてしまったならば、1時間以上後にジェネリックを服用しましょう。

また、こちらの薬は性的な興奮をもたらすものではありません。

勃起させるには刺激を与えるか、性的興奮を得られる状況を作りましょう。

そうすれば、自然と勃起しますので、基本的な使い方はバイアグラと同じです。

ジェネリックであるゼネグラの価格は5,000円以下

他のジェネリックよりも割高な印象

副作用や注意点はゼネグラを飲む際にはひょっとしたら副作用が生じる可能性があります。

すべての方に副作用が出るわけではなく、個人差があるのです。

そのため、あくまでも自分の体にどのような兆候が現れるのかを意識しましょう。

何らかの副作用が出るならば、通販ではなくきちんと医師に相談をするべきです。

現状ではジェネリックの中では高い方

ひょっとしたら量を少なくすることによって副作用が出ずに快適に服用できるようになるかもしれません。

報告されている副作用としては、頭痛がしたり、動機や消化不良を引き起こすケースがあります。

血圧が低下してしまうため、それによってめまいが起きることもあるでしょう。

ゼネグラはバイアグラと同じように血管を拡張させることで効果を発揮するため、血圧の病気や心臓の疾患を抱えている方は使わないでください。

他にも色々な治療薬があるため、自分に合ったものを探すべきです。

量に関しては、半分に減らしたとしても十分効果が出る場合があります。

それを考えるとジェネリック薬の効き目というのは個人差がかなり大きいのです。

ゼネグラ100mgは相性を試したいジェネリック

他のジェネリックが合わなくてもゼネグラをトライ

きちんと勃起不全を治療するためにはバイアグラをはじめとした薬を使うことによって確かに勃起できるようにはなります。

しかし、薬を使わなければ勃起できない状態は続いていますので、そのため、きちんと勃起できるようになるための治療をすることは大切です。

勃起不全治療薬を用いながら、普段の生活習慣を改善させたり、食生活に気を使ったり、ストレス解消に努めましょう。

これらの努力を積み重ねることによって、自然と勃起できる状態まで回復するでしょう。

ジェネリックには相性があるので注意しましょう

薬を使っているからと安心してしまい、普段の生活が乱れてしまう方は多いですので、勃起不全の状態があまりにも酷くなると、ジェネリック薬が効かないケースもあるため注意しましょう。

治療をするならば、まずはきちんと病院へ行って、医師の診断を受けるべきですが、中には恥ずかしいから病院へは行きたくないという方もいるでしょう。

しかし、勃起不全は自然に治らない可能性もあり、間違った対処をしてしまう方もいるため、医師と相談をすることは大切です。

そうすれば、普段の生活の中でどのような点に気をつければいいのかを、通販ではわからない部分もアドバイスしてもらえます。

病院はきちんと秘密を守ってくれて、どのような患者に対しても暖かい対応をしてくれます。

勃起できなくて悩んでいる方は、薬を使いながらも病院へ通うことも忘れないようにしましょう。

そうすればジェネリックでも勃起不全を治すことは不可能ではないのです。

今後も類似品が増加するバイアグラのジェネリック


世界中で日々新たな研究、開発がされています

日本では一世を風靡し流行も一段落をしたかのように感じられるバイアグラもそのジェネリックも世界的には未だにブームや評判は冷めていません。

国際特許が切れるとされる2014年には沢井製薬(サワグラ)や東和薬品(シルデナフィルクエン酸塩錠)、日医工(トーワグラ)などでも発売が予定されています。

世の中の男だけでなく女もパートナーに対してこのED治療薬での勃起力や持続、回数などの面でのパワーアップを期待しているという事です。 ですから、今では定番のファイザー社だけでなく世界中で最先端の技術を投資して日々熱心な研究され、日々開発されています。

今後は国産のバイアグラジェネリックに注目

やはりカマグラやカベルタは知名度も高く、これがジェネリックで、海外個人輸入サイトなどではどこのショップでも置いてあることから購入しやすい通販となっています。 こうしたインド産も含めた種類はムスタングやシラグラ、アスランス、ペネグラ、タダリスなども現状では同じくらいの気軽で求めやすい価格設定になっています。

どれも並べてみればメインとなる主成分はクエン酸シルデナフィルですから、ED治療薬が体に合わなかったり副作用が強く出た場合は結果は一緒と判断することができます。 シアリスやレビトラなどを試してみるか病院やクリニックにて、専門のお医者さんにアフターケアまでの心理カウンセリングや問診や診察をしてもらいましょう。

オーソドックスに確実な安心感を取るか、その反面の通販のジェネリックでコストを取るかの選択肢は自由で個人のジャッジと判断に委ねられます。 これが偽物のバイアグラで健康に危害が合っては元も子もない事を頭の片隅に忘れてはいけません。


【関連の記事】

このページの先頭へ