イメージ画像

レビトラやシアリス等のジェネリックと比較する前に確認

ED治療薬のジェネリックを飲んでみた体験談

バイアグラ50mg シアリス20mg レビトラ20mg
錠剤
有効成分 シルデナフィル タダラフィル バルデナフィル
1箱価格 6,980円 8,680円 5,880円
1錠価格 1,745円 2,170円 1,470円
持続時間 5~6時間 8~10時間 30~36時間
効き目が表れるまで 30分~1時間 15分~45分 1~2時間
メリット 定番の安心感 早漏気味の男性にも 持続時間が欲しい方

写真

飲んでみないとわからないということでレビトラ錠20mgを購入しました

価格は一粒2,000円ですので、バイアグラや後発品のシアリスを通販で購入するよりも高くなりました。

ちなみに、味などは水で飲んでしまうので正直言ってわかりません。

効果の違いは、基本的には変わりませんが、体調の影響も関係するかもしれませんが、レビトラの方が勃起力が弱く感じたということです。

それは当然、後発品ジェネリックは50mgの物との比較ですので、pde5阻害薬は半分くらいになると言ってもいいのかもしれません。

副作用なのか頭痛が寝るまで続きました

次の日の朝目覚めると、特に頭痛はなかったため、レビトラによる副作用の影響でしょう。

一つ言えるのはバイアグラよりもずっと自分にとっては、かなりきつく辛いものでしたので、併用なんてとても無理でしょう。

目の奥と、コメカミあたりにずっと鈍い痛みが寝るまで続きました。

これは、二日酔いなどで辛い時と同じような感覚です。

シアリスとの比較では、そこまで違いに大差はありません。

このジェネリックは自分にとっては圧倒的にバイアグラの方が後発品のレビトラより比較すると、持続時間の違いと言う意味で合っているという判断になりそうです。

これまでにバイアグラは既に使用された経験はあるのか?

基本的にはED治療薬に限らずどのジェネリックもまずは元となるものを試してからの方が良いでしょう。

レビトラだけでなくシアリスやその他の商品もあり、バイアグラを服用して副作用などの効果を見てからの方がおすすめできます。

最初からどっちかというとこちらの二種類の方がネット通販でもED治療薬を比較すると値段が安いからというような理由だけでの、このような選択はあまり良くないでしょう。

カプセル写真

シアリス錠20mgにもチャレンジしてみました

まず最初に後悔しているのは、シアリスだけでなく服用していく順番です。

もちろん数字で見れば一目瞭然なのですが、配合されているシルデナフィルの量は20mgです。

ここで私は最初にバイアグラの50mgを通販で手に入れて飲んでいるので、結局はそれ以降は違いを比較しようにもどうしても、少し弱く感じてしまうのかもしれません。

今までの中ではシアリスが一番、当たり障りのないという印象です

過去に服用したバイアグラやレビトラと比較すると、シアリスが後発品ではジェネリックの中でも特に一番何も印象には残らない感じです。

勃起はしましたが、なんだかパワーが漲っているという感覚は、正直な所、残念ですがあまりないという感想です。

しかし、ED治療薬のジェネリックをここで健康のことを考えると本来はその程度が、やはり安心なのかもしれません。

副作用もあまり感じなかったが次の日の朝立ちがすごい

特にシアリスに関しては、その前に飲んだレビトラの副作用の頭痛がひどかったため、あまり違いはなく、実際にこれに関しては重い印象はありません。

ただし、体の特徴なのか色の感覚(白色がまぶしく見えるという)が変わるというのは他の種類と同様でした。

また、良くも悪くも効果の持続時間が長いのか、次の日の朝立ちの角度が激しく若かったころの様で、かなりトイレがしづらいというような懐かしい感じを楽しむことが出来ました。

結果的には、バイアグラの後発品ジェネリックを比較するとシアリスは、一番最初のチョイスにするのが良いのではないでしょうか?併用はあり得ないでしょう。

ジェネリックの中で有名で知名度が高いレビトラとシアリス

どっちも歴史が長い後発品ジェネリックの種類です

レビトラは勃起不全治療薬として日本では2番目に承認を受けた薬です。

特徴として、即効性があり、すぐに効き目を実感できます。

また、食事の影響をあまり受けず、体内への吸収効率が高いため使いやすいです。

効果の持続時間が長いため、比較してみるとバイアグラよりも後発品ジェネリックが使いやすいと思っている方も多いです。

レビトラには有効成分として塩酸バルデナフィル水和物が含まれています。

これはED治療薬に含まれている成分とほとんど同じです。

比較するとレビトラは2003年にヨーロッパやアメリカで発売されて、この翌年には日本でも取り扱いが通販などでも可能となりました。

シアリスと違って効果が出るのは服用してから10分から30分程度であり、その目安は4時間から8時間程度持続します。

性的に興奮しやすくなるわけではないため、性行為の数時間前に飲んだとしても、併用しなければ特に問題ないでしょう。

これは性的な刺激を受ければ勃起しやすくなります。

副作用がほとんどないため安心して扱える薬です。

食事の影響は少ないのですが、それでも比較すると基本的には空腹時に服用した方が良いでしょう。

また、バイアグラと同様に満腹の状態で後発品のジェネリックを服用したり、アルコールを摂取している時に飲まない方が良いでしょう。

血管拡張作用があり、それによってペニスへ血液が流れやすくなり、勃起をED治療薬が促します。

そのため、いつもよりも顔が赤くほてったり、目が充血するといった副作用が出ることが、こうしてシアリスと比較してみるとあります。

これらは副作用といってもたいしたものではなく、むしろ違いやきちんと効果が出ていることを確かめるために便利です。

効果や副作用はレビトラもほとんど変わりません

持続時間ははっきりいって個人差があります

細かい部分を処方の前に見ていくと後発品レビトラに比較するとバイアグラには色々な違いがあります。

まず、ファイザー社の主成分はシルデナフィルクエン酸塩です。

形状は青いひし形をしており、後発品ジェネリックの用量は25mgと50mgのものがシアリスと同様にあります。

作用時間は最低でも5時間程度となっており、食事と併用してしまうと効果が半減してしまう可能性があります。

料金は1錠の価格が25mgだと1,300円、50mgだと1500円程度と比較的求めやすくなっています。

一方、レビトラは塩酸バルデナフィル水和物が主成分であり、形状は特徴はオレンジの丸形となっています。

用量は5mgと10mg、20mgのものがあります。

水に溶けやすいという性質があるため、勃起不全治療薬の中では最も速く効果が現れます。

短時間ですぐに効き目が出る点は後発品シアリスとバイアグラに似ています。

10mgのものならば効果時間が最低5時間程度であり、20mgのものは最大で10時間程度効果が持続します。

食事の影響を受けにくい点は、やはりED治療薬の比較の際は大きな違いといえるでしょう。

ジェネリックの料金は10mgが1500円、20mgが2000円となっているためシアリスも通販は少し高めです。

硬さで選ぶならレビトラやシアリスよりもバイアグラ

勃起した時の硬さを重要視するなら

単純にED治療薬やジェネリックの比較する際のポイントとなる部分は男性によって大きく異なります。

効果や副作用と言っても何を優先順位にするかで選ぶべきものが違うのです。

もちろん、上記したように発現までや持続する時間を一番に持ってくる方も居るでしょう。

ここでは勃起した時の陰茎の硬さが重要だという男性は、比較してみるとシアリスやレビトラよりもバイアグラの方がカチカチの状態になりやすいという意見が多くあります。

しかし、これは統計的なデータですので何度か自分で服用して試していき相性が良い飲み方や時間を見つけていく方法がベターでしょう。

二回目は最初よりもどうしても望んでいる陰茎の硬さにならないという男性は一種類のジェネリックだけでなく他のED治療薬も比較しながら試していきましょう。

単純に、値段だけで判断するのは勿体ないことですし、副作用などを考えると一回だけの服用で諦めてしまうのも良くないでしょう。

食事やアルコールを抜いてみたりするなど、条件や環境を変えながらトライしていくことが良いでしょう。

レビトラ程、効果が持続する必要はあまりない?

実際に36時間も効果が続くと疲れる

購入する時はどうせ同じ価格なら効果の持続時間が長い後発品のレビトラの方が特徴を見るとバイアグラよりもお得なのではないのか?と考える方は多いのではないでしょうか?

しかし、実際にジェネリックを使用してみると、イメージとは違いそこまでの時間は必要がない事に気が付きます。

また丸々一日半もレビトラの作用があることの体への負担はかなり大きいように感じます。

レビトラの持続時間は慣れていないと長すぎる?

もしかすると、レビトラを飲んだ時の体調も影響しているのかもしれませんが、併用による副作用もずっと続いている感じです。

そして、性行為をずっとしているわけではないので、食事の時間やそれ以外の時間もどうしても、気になってしまいます。

レビトラを購入される方は、もしかすると本番の直前で効果が切れてしまっては、意味がなくしょうがないと思うのかもしれません。

ただ、一般的には性行為を行うタイミングと併せることができれば、バイアグラやシアリスの6時間ほどあれば充分なのです。

もちろん、人それぞれ感じ方や目的は異なりますし、勃起不全の重さも違いますので、後発品ジェネリックはやはりそれぞれ試してみてから選択していった方が良いのではないでしょうか。

どっちか悩んだらレビトラを選択するメリット

比較すると作用の時間が長い傾向

勃起不全治療薬としてレビトラを選ぶメリットや比較するポイントはシアリスと同じでバイアグラの後発品ジェネリックにはたくさんあります。

まず、食事に影響されなくて効果時間が長いというのはとても便利です。

たとえば、付き合っている彼女と性行為をする際に、自分が薬を飲んでいることを知られたくないという方は多いでしょう。

この場合はご飯へいく前に薬を飲んでおいて、食事をした後にゆっくりとホテルへ向かい、ベッドに入ったとしても薬の効果は問題なく持続します。

性的刺激や興奮を受けると勃起する薬であり、比較的興奮しやすくなるといった作用があるわけではないため安心して利用できるでしょう。

持続時間は最大で10時間程度となっているため、昼間に飲んで、その効果が夜まで持続することもあります。

特徴としてはこのような効果に違いがあるため、他の薬より多少高かったとしても問題ないでしょう。

副作用が少ない点は大きなメリットといえます。

薬を飲む時というのは、ED治療薬はジェネリックでなくても副作用がとても怖いものです。

その効果を得るために副作用に耐えなければいけないのはとても比較しても、これは辛い状況でしょう。

副作用のない薬であれば安心して飲み続けることができますが、違いは個人差がかなりあるでしょう。。

このように通販のメリットといえる要素がたくさんあるため、後発品のシアリスも人気を集めることに成功しています。

バイアグラよりも好んで使っている方がいるほどですが、併用は辞めておきましょう。

レビトラの次に登場したシアリスは三種類

価格を比較して選ぶならレビトラ

勃起不全治療薬といえばファイザーのバイアグラと言う商品が有名であり、その次に誕生したのがレビトラです。

そして、3番目に登場したのがシアリスです。

こちらは日本では2007年より販売が開始されました。

勃起不全治療薬としては、まだまだ歴史が浅いのですが、後発品ジェネリックは現在では世界中で販売されており売上をどんどん伸ばしています。

日本で発売されているのは5mgと10mg、20mgの3種類となっています。

保険適用外の薬のため、自費で買う必要があります。

従来の治療薬と比較してみた場合の違いは、服用してから効果が持続する時間は長くても10時間程度でした。

この性質に対して不満を持っている方は多かったです。

たとえば朝飲んだとしても夜になると効き目が切れてしまうからです。

シアリスの場合はなんと服用してから36時間後まで有効性があることが確認されています。

一度、成分が体内に吸収されてしまうと食事に影響を与えることはないためバイアグラと同じく安心です。

普通の生活を送ることができるため、たとえばデート前に飲んで、併用して夜にラブホテルで元気に女性と遊ぶこともできるでしょう。

金曜日の夜にED治療薬や後発品を服用すれば、ジェネリックでも上手くいくと日曜日の昼間まで効き目が維持されるためウィークエンドピルと呼ばれることもあります。

比較すると、違いはこのような特徴を持っているため、世界中でどんどんシェアを広げていきました。

通販では10mgは1錠1700円程度であり、20mgは1錠が2000円程度となっています。

有効成分や効果はレビトラも大きな違いはない

シアリスとどっちがベターかは飲んでみないとわからない

有効成分のバイアグラとの違いとしてジェネリックの後発品タダラフィルが含まれているのが大きな特徴となっています。

比較してみるとこのタダラフィルが含まれている量によって5mgや20mgという種類があります。

白色の粉末であり、水には溶けない性質を持っているのがこのED治療薬タダラフィルです。

服用してから30分から4時間程度経つと血中濃度は最高度に達します。

したがって、性行為をする2時間くらい前に飲んでおけば、依然と比較しても最高の状態で性行為ができるでしょう。

タダラフィルは肺動脈性高血圧症や前立腺肥大症の治療薬としても、用いられています。

これらの病気に効果があるだけではなく、勃起不全にも効果を発揮するのです。

ジェネリックのタダラフィルの後発品の効果としては、そうすると血管を拡張させることができるためそれによって血流量がシアリスやバイアグラの様に増えます。

これが勃起不全に効果を通販で買えるものでもレビトラと同様に、違いはありますが、お酒と併用しても発揮するのです。

レビトラとバイアグラの副作用を比較してみましょう

絶対にどっちも悪い副作用がないとは言い切れません

それではシアリスとレビトラのどっちの後発品を利用する方が、ジェネリックを比較すると良いのでしょうか。

まず、ED治療薬を服用するとすぐに効き目が出てくる点に特徴があります。

一方、シアリスの場合は徐々に効果が出てきて、自然な勃起を実現することができます。

そのまま長時間持続することができるため、作用時間が長い方が良いという方はこちらの方がおすすめでしょう。

ただし、性行為の3時間ぐらい前に服用しておかないとタイミングが合わなくなってしまうため、即効性を期待する方はバイアグラやレビトラの方がメリットは大きいでしょう。

副作用は比較するとあくまで絶対とは言い切れませんが、シアリスの場合はほとんど現れません。

レビトラだと顔がほてったり、目の充血が起きてしまうことがあります。

副作用をできるだけ避けたいと考えているならば、シアリスの方が良いでしょう。

料金に関してはED改善薬はどちらともそれほど大きな違いがあるわけではないです。

1錠が1500円から2000円程度ジェネリックの後発品でもかかってしまうため、毎日飲むわけにはいかないでしょう。

経済的な使い方をしたいならば、たとえば1つの錠剤を半分に割るという工夫も必要です。

またシアリスの良い点としては食事の影響を受けにくい点です。

デート前に服用して、そのまま食事に出かけたとしても何の問題もありませんが併用は危険です。

食事の後にラブホテルへ行けば、万全の状態で性行為ができるでしょう。

一概にどちらの方が優れているといえるわけではなく、ED治療薬の両方の特徴をきちんと違いを理解してどちらの方が自分にとってメリットがあるのかを考えましょう。

勃起不全治療薬を利用することによって、比較すると若い頃のように楽しく性行為ができるようになります。

加齢の影響を通販で適切なジェネリックを探して、これは乗り越えられます。

ロキソニンやバファリンとのレビトラの飲み合わせは?

ロキソニン

ロキソニンを服用した時は併用しない

まず、レビトラとロキソニンなどの頭痛薬を併用する事は基本的には、特徴や副作用の違いが云々の前に辞めておきましょう。

また、ロキソニンを飲む理由がED治療薬の副作用であれば、比較の前にそもそも問題があります。

特に効果の持続時間が長いレビトラは服用している最中に何か痛み止めや頭痛薬としてロキソニンを飲む可能性があるのであれば、止めておくに越したことはないでしょう。

歯や腰が痛いなどでロキソニンを普段から使用している方は、後発品との併用はレビトラやバイアグラだけでなく勃起不全に対しての薬を医師に相談した方が安全でしょう。

風邪を引いている時にバファリンやそれ以外の風邪薬などを飲んでいる場合も、レビトラは飲み合わせが気になるのであれば併用はしない方が身のためです。

そもそも風邪を引いて体調を崩してバファリンが必要な状態であれば、性行為をすることで相手に風の菌を移してしまうことにもなりますので、かなり無責任な判断になるでしょう。

そういった比較する以前の意味で、バファリンなどの風邪薬やロキソニンなどの痛み止めと違い、ED治療薬や後発ジェネリックの医薬品を併用する事はどんな状態であっても個人の判断で早めておきましょう。

バファリン

レビトラはコーヒーを飲んだら服用しない方が良い?

コーヒー

コーヒーに含まれるカフェインとED治療薬の相性

現状では特にコーヒーを飲んだからと言って勃起できない、レビトラを服用してはいけない禁忌ということはありません。

コーヒーに配合されるカフェインの成分がレビトラと相性が悪いという説もありますが、特にバイアグラとジェネリックを比較しても違いは気にする必要はありませんし、そういった旨がどこかに特徴として記載されていることもありません。

毎日、コーヒーを欠かさず飲んでいたり、仕事中にも常に併用して飲んでいるという方でもカフェインの摂取量でレビトラの効果に影響が出ることはほぼないと言っていいのではないでしょうか。

ただし、エナジードリンクなどを何本も一日にコーヒー以外に飲んでいたり、お酒なども含めて必要以上の量を摂取してしまった時は後発品のレビトラだけでなく全ての医薬品の併用は控えておくようにしましょう。

また胃が弱かったり疲れやすい方はもしかすると、胃痛や胃もたれなどもある可能性もあるので副作用に注意しなくてはいけません。

いずれにせよ自分の体にとってコーヒーとレビトラがどれくらいの違いや負荷があるかを何回か飲み合わせを比較して試してみる必要があるのではないでしょうか。

レビトラにコーヒーは良くないどころか、毎日カフェインを摂取している男性はEDになりにくいというデータも実はあるのです。

ED治療薬シアリスのジェネリックのタダリスとは

どちらが合うかは比較して試してみないとわかりません

タダリスはシアリスという勃起不全治療薬のジェネリック医薬品で、後発品はインドの製薬会社が販売しています。

正式名称はタダリスSXで、10mgと20mgの2種類が出ています。

製造販売をしている会社はファイザー社のジェネリックであるカマグラも製造しており、これの一般名はタダラフィル錠です。

一般名というのは薬の有効成分の名前のことであり、商品名とは違います。

通販でも、それを踏まえて一般名を見ることによってその薬の主要成分が分かるため、必ずチェックしておきましょう。

特徴は基本的にシアリスと共通していますので、したがって、これを利用したことのある方はそれとほぼ同じ効果を期待できるでしょう。

しかも比較しても、ジェネリック医薬品であるため本物の後発品シアリスやレビトラよりも安く販売されています。

一度服用すると最長で36時間も効果を持続することが可能ですので、朝服用して、その夜に女性とホテルで遊ぶ時にも効果は継続しています。

人前で薬を飲む必要がなくなるため、とても便利なのです。

バイアグラのような勃起不全治療薬を飲んでいることを知られたくないという方はたくさんいます。

もし付き合っている女性にそのことがばれてしまったらとても恥ずかしいでしょう。

タダリスであれば、家を出る前に飲んでおくことによって、ED治療薬が次の日の朝になっても効果は持続します。

効果については10mgの場合は24時間から30時間程度であり、ジェネリックのシアリス20mgの場合は30時間から36時間継続します。

性的興奮を促す薬ではなくて、あくまでも性的な興奮や刺激が生じた時に勃起しやすくなる薬です。

そのため、服用しただけで急に勃起することはありません。

服用してから1時間から4時間程度すれば効き目が出るようになります。

差はバイアグラとは違いアルコールの併用や食事の影響を受けないとされているのですが、できれば空腹時に服用した方が、後発品シアリスの効果は比較するとジェネリックの中でも大きいでしょう。

レビトラとシアリスの併用はデメリットと副作用

効果の持続時間内は絶対にED治療薬は併用しない

いくらバイアグラの持続時間が短いからと言って、シアリスやレビトラと併用する事で足し算でそのままプラスアルファされることはありません。

その他のジェネリックのメリットの特性部分だけが欲しいからと言って組み合わせて服用する事はかなり危険ですので絶対にやめましょう。

硬さはシルデナフィル、持続時間はレビトラ、早漏に対してはシアリス等、自分の体調に合わせて使い分けることは悪いことではありません。

しかし、同時にED治療薬を併用する事でどのような副作用が起き、どんなデメリットが発現するかはわからないので、併用は試しでもやらないようにしましょう。

値段はタダリスは安い方ではないので効果が重要です

レビトラとも価格は大差はありません

タダリスはシアリスのジェネリック医薬品なのですが、それではそもそもジェネリック医薬品の違いとは何なのでしょうか。

これは比較すると新薬とまったく同じ成分を用いて作られた医薬品のことです。

そのため、期待できる効果や安全性は新薬と共通しています。

新薬の場合は研究開発にかかる費用が高いために薬の価格も、通販では高くなります。

一方、ジェネリックの場合は研究開発費を節約できるためその分価格は安くなるのです。

新薬が登場すると、その薬には特許が発生しますが、ED治療薬は併用して、シアリスと比較してみてもその医薬品の特許とは有効成分そのものです。

そして、この特許が消えると他のメーカーも同じ有効成分を用いた薬を開発できるようになります。

まったく特徴がシアリスと同じというわけではなく、たとえば違いは添加物や形状などが異なっているケースが多いです。

比較的より飲みやすく後発品の扱いやすい薬としてジェネリック医薬品が販売されています。

バイアグラにもジェネリックは存在します。

タダリスの服用方法や気を付けなくてはいけない注意点とは?

何度かシアリスと比較しながら試してみましょう

タダリスは基本的に1錠を服用すれば十分効果が出ますが、もし1錠では量が多すぎるという方は半分に割りましょう。

量を少なくすることに関しては特に問題はありませんので、どれだけの量でどれくらいの効果が出るのかは個人差に違いがあります。

体質的に適量では効き目が出ないこともあるのですが、その場合は医師と相談をして量を増やすことを検討しましょう。

また、レビトラと同じ様に量を半分にすることによって、特徴はやはり費用を節約できます。

シアリスのジェネリックは通販でもタダリスは1錠が1500円近くかかるため、バイアグラと後発品を比較してもけっして安いものではありません。

半分に割ったとしても、きちんと保管しておけば1週間から2週間は大丈夫です。

ED治療薬を飲んだことがあるならば、基本的な比較ポイントや違いや注意点は共通しています。

他の薬と併用してしまうとバイアグラの場合や後発品のシアリスと同様にさまざまな副作用が出てしまう可能性があるため気をつけましょう。

できるだけ比べてみて安全な条件でジェネリックを服用することが大切ですから、勃起できるようになるために副作用で苦しむべきではありません。

このページの先頭へ