イメージ画像

保険適用はないが有名なクリニックに行った実録です

ネットでも広告が出ている有名なクリニックに実際に行ってみました

ネットでも広告もよく見る知名度の高いクリニック

保険適用外のクリニックでバイアグラを即日で手に入れることができるのか?診察って何をするのだろう?

現状では、日本では病院でも保険適用での処方はないファイザー社のバイアグラですが、今後どうなるかはわかりません。

今の段階で、ネットでは通販以外にもクリニックが検索をすると目立ちます。

本当の体験談や実録が少ないので、自分で行ってどのようにpde5阻害薬は保険適用外の病院やクリニックがなっているかをチェックしてきました。

正直、今日ではスマホでホームページの見ているだけではわからないことが世の中には沢山ある事が判りました。

実際に公式ホームページに書かれている地図に従っていくと、イメージしていた病院ではなく所謂、雑居ビルの中に探していたクリニックはありました。

入る時には、その佇まいから特に何か悪いことをしているわけではないのに、何処か後ろめたさを感じてしまいました。

土地の感覚がなければ何回か行かなくてはわからないものですし、看板なども簡単に見つけられるものでもありませんでした。

まだ、保険が効かないクリニックは一箇所しか行ったことがないので、それだけの判断にはなりますが、普通に今すぐに即日でバイアグラを必要としていなければ気が付くこともないでしょう。

ここでは勇気を出してクリニックに入ってみると、ここで初診かどうかを聞かれ簡単な問診票とアンケートを記入しました。

保険適用のない即日のクリニックとはいえ、他の患者もしくはお客様がいて待ち時間もあるのかと思っていましたが、全くそれはありませんでした。

中に入ると一人サラリーマン風のスーツを着た40代前半くらいの男性が、ここでED治療薬の会計をしていました。

成れていた感じなので恐らく初めてではないのでしょう。

あっと言う間に今日来て、処方されたバイアグラか後発医薬品かわかりませんが、恐らく入ってるであろう白い袋を持って出ていきました。

アンケートと問診票の内容とは

住所を最後まで書く必要はありませんでした

記入した内容は全て確実に覚えているわけではありませんが、名前と年齢と、これまで過去にバイアグラを使用したことがあるかや、病気の有無、現在掛かっているものや普段使用している保険も付ける薬などについてです。

特に即日だからと言って住所を最後まで記入したり、電話番号を書く必要はありませんでした。

ここで保険適用がないからと言ってED治療薬はクリニックで何か特別な何かがあることはこの時点ではありませんでした。

診察室でのカウンセリングや質問などについて

本当に5分以内であっという間に診察は終わります

ちなみにこのクリニックは四畳位の小部屋が二つあったのですが、見る限りでは、洋服は白衣を着た医師とみられる男性は受付とその部屋に一人ずつしかいませんでした。

そこで過去に病院でED治療薬を保険で処方されたり服用したことがあるかどうかを軽く聞かれ、その後、ジェネリックがおすすめですがどれにしますか?と聞かれました。

恐らく、その時間一分程度で、聴診器を当てたり、もちろん下半身を脱いで下半身を見せるなんてことは、ここでは一切ありません。

これには驚きましたが、一応、今回は調査も兼ねているので、ジェネリックを全て一粒ずつ購入してみました。

ネットでの通販での購入は一箱からしかどれも注文できない事やバイアグラを即日手に入れることができないことを考えると、本当にどれが合うか試している段階であるならば、保険適用外でもクリニックの方が安く済むでしょう。

保険適用のないクリニックでの初診料について

今回行ったクリニックでは初診料が掛からなかったため、金額は全てジェネリックのED治療薬を即日で購入した代金となりました。

実質、診察と言うものはないに等しいですから、保険適用ができない現段階の日本では、これがネットでの通販かこういったクリニック、ジェネリックで安く済ませたいのであればもしくは病院と言う意味での選択肢になるでしょう。

自分が並んでいる時に恐らく初めてではない常連のお客様っぽい男性が入ってきたのですが、番号を言って一瞬で診察室に入りました。

ここでの処方は指定したバイアグラか何かを貰い、そして即日でも全ての工程を本当に僅か2、3分で終わらせてすぐに出てきたことを考えると、これは特にこのクリニックでは保険の適用がないのは変わりはありませんが、この病院の場所では再診料が掛かったりする事は特にはなさそうです。

今回は四種類を一粒ずつ買い、合計で6,000円でした。

領収書も言えば発行して貰うことが可能でした

  • レビトラ20mg(2,000円)
  • シアリス20mg(2,000円)
  • トーワ50mg(1,000円)
  • キッセイ、シルデナフィル50mg(1,000円)

結論は最寄にあるのであれば、即日ですぐに買えるのはクリニック

結果的にはすべて終えるまで10分も掛かりません

ただしネット通販と比較すると病院で保険が効かないのは一緒ですが、バイアグラだけでなくそのジェネリックも一錠が1,500円前後が、2,000円しますので高くなります。

交通費や通う時間の手間などを考えるとオンラインの方が即日で必要でないのであれば便利な気がします。

しかし、実質10日程度注文してからは掛かるために、今すぐに勃起するために欲しい、明日使いたいという方は保険適用ではないですが、即日で処方してもらうには病院やクリニックを選択してみてはいかがでしょうか。

物自体が、ED治療薬が本物か偽物かどうかは実際には通販と同じでわかりませんが、バイアグラの効果は問題ないと個人的な意見ですが、値段も含めて病院では保険はできませんが判断できました。

診察券を作って貰えたので次回はもっとスピーディーに病院やクリニックでの購入が可能になるようです

今後の保険適用の可能性やそのメリットとは

将来的には保険適用になるのか?

男性が弱くなっている今の日本の現状を変えるために

近年、即日に手にれることができるバイアグラが保険適用かどうか以前の問題で、男性の草食化は増加の一途をたどり、性交渉を行う頻度が少ないという方も少なくありません。

また通販するまでもなく性交渉自体への関心が乏しいという男性も多く見られます。

それにともない男性の性欲減退も認められています。

また元々の生まれ持った体質や疾患・生活習慣などの影響が作用して同じ結果に至るというケースもクリニックではあります。

さらに深刻な問題は勃起不全(以下EDと記載)になるかもしれないというケースです。

現状は保険適用ではありませんが、バイアグラの処方の際に値段も含めてが、即日で適用されることになれば、もっと患者もポジティブに素早く動けるのかもしれません。

患者数は相当多いため保険適用になっても良い状態

クリニックでは、即日で購入は出来ても勃起自体がなされなければ性交渉が困難になることに加え、男性のプライドや自信にも影響を及ぼしかねません。

まずは勃起のメカニズムとして、陰茎海綿体の動脈に多量の血液が流入して生じます。

しかし加齢以外にも、先程述べたような原因にともない、流入量が減少することで、EDに至ります。

それ自体はサプリメントでも対応可能であり、主流となっているのが バイアグラや後発品のジェネリックに当たります。

バイアグラは昔から使用されており、知名度も高いため、比較的抵抗なく使用されることが即日でも多いです。

しかし 購入使用するにあたり、それ自体は保険適応外の治療薬となります。

そのため保険の保証はなく、通販ではなくクリニックでは適用外のため、全額実費の自己負担で即日の購入することにどこでもなります。

またED治療薬の値段に関しては商品により様々で一律ではありません。

当然ですが高ければ効果が保証されているわけではありませんが、安いものほど本当に必要な要素が少なく、処方されても効きにくいような傾向にあります。

なにか副作用が起きても保険適用がないためクリニックではアフターケアもない

何か病気や不安がある場合は保険適用なしのクリニックではなく即日で欲しいなら病院に行きましょう

また 病院で保険適用がないリスクとしても値段が高いバイアグラを使用するにあたり、通販でも副作用も少なからず存在します。

本来の作用としては陰茎海綿体の動脈に多量の血液を流入させます。

そのためには一時的な血管拡張が必要になります。

欲しいときに即日で手に入れるためには?

その時にED治療薬で交感神経が優位となり、顔面紅潮や発汗・頻脈・動悸・血圧上昇などの影響も出てきます。

元々、健康で体に問題がない人であれば大した支障にはなりませんが、高血圧や心臓疾患等を持つ方には使用する上で注意がかなり必要となります。

保険適用のない処方でクリニックなどの行く前にちゃんと診察を受けなくてはいけません。

以上よりバイアグラを使用することでEDは改善され、性交渉もより行いやすくなります。

しかし即日で使用する上で副作用のリスクがあることと、購入に保険が使えない為費用がかさむというデメリットもあります。

加えて後天的にEDに至った場合、生活習慣を見直すことで改善されるケースもあります。

そのため、先ずは改善できる部分を改善した後にジェネリックやサプリメントを通販して利用する方が良いとされます。

実際にバイアグラを処方し改善する方法として、値段や保険よりも即日ではないですが先ずは食生活です。

クリニックも保険適用外で未経験者は特にリスクは大きい

特に何か診察をしてくれるわけではないのでリスクもあります

将来的にいつ保険適用がされるかはわかりませんので、即日でバイアグラの本物を手に入れる方法は限られていますが、通販する前にまず日々の生活からケアしていきましょう。

処方の前に重要なことは、日々の食事のなかで野菜が少なく、肉や油ものなどを多く取るような生活を続けると血液自体がどろどろになってしまいます。

血液がどろどろになると流入もスムーズに運ばれにくくなるため、自然にEDに近づくことは環境によっては必然です。

また飲み物出来るだけお茶や水など水分の多いものを飲むことです。

水分を多く摂取することで代謝を促進し、血流速度にも即日で影響が出てきます。

血液中の水分量が少ないと血液も粘性に近くなるため流れは保険を使っても悪くなってしまいます。

そのため先ずは食事内容を見直すことと、積極的に水分を多くとることが改善への一歩に繋がります。

具体的な食べ物として血液の流れをよくする滑りのある野菜や食べ物に加え、亜鉛を多く含む牡蠣等が挙げられます。

購入したくても保険がないためクリニックなどで即日でバイアグラやジェネリック後発医薬品を処方して貰う方も、やはり沢山いるようです。

次に精神的要因も大きく影響に出てきます。

これは同様にコンプレックス系の悩みではよくあることです。

育毛剤も同様でED治療薬は保険適用がないクリニックなども多く存在しています。

そもそも性的欲が出てこないと勃起自体が伴いにくいです。

先ずはそれが出来る精神状態であることが重要です。

どうしても今すぐ即日で欲しい状況に対応できるように

しかし近年はストレス社会と呼ばれ、性欲を懐く余裕がないという方も少なくありません。

また、これはパートナーとのセックスレスに伴い、プレッシャーを感じで出来なかったりなど色んな部分でストレスを抱えている可能性はあります。

そのため、時に気持ちをリフレッシュしてしっかりとメンタルケアを行い、ストレスをためないようにすることも、重要な要因に加わってきます。

またこの問題は夫婦であればバイアグラ通販に頼らずに協力して乗り越えるべきなので、しっかりと話し合いの場を設けることも大切です。

現状では日本は保険が使えない適用外となっていますが、処方を適正の値段で受けるため積極的に病院やクリニックに即日で手に入れるために行ってみることも一つの手段です。

このページの先頭へ