イメージ画像

通販で正規品のバイアグラ50mgは一粒平均1,500円が価格の相場です

バイアグラはどこで買うのが一番安い?

お客様の体の状態や目的によってもどのようにバイアグラを通販で購入するのが、安全面を含めてベストな選択肢かは、非常に今のインターネット業界を考えると難しい問題です。

勃起不全、EDの状態がかなりひどく慢性的な場合は病院やクリニックで一度、ネットの価格だけでなく最初に病院の処方の正規品の値段やジェネリックもチェックをしたほうが良いでしょう。

バイアグラの価格の平均の相場を比較

病院での処方は初診料、診察料が掛かります

個人輸入代行 クリニック 病院
画像
一錠の価格 25mg/1,495円
50mg/1,620円
25mg/1,300円
50mg/1,500円
25mg/1,200円~2,700円
50mg/1,300円~2,800円
一箱の価格 25mg/5,980円
50mg/6,480円
10mg/20mg 10mg/20mg
送料 700円 なし なし
診察料 なし あり/なし あり
再診料 なし あり/なし あり/なし
保険適用 なし なし なし
到着 7~10日間 当日 当日


ジェネリックも安すぎる価格は疑った方が良いでしょう

コピーでなくてもジェネリック医薬品は約四分の一の価格で購入可能です。

また、心臓や血圧などの面で現在や過去に狭心症などの病気と判断されていたり、これは毎日飲まなくてはいけない薬がある場合などは確実にアンケートなどを受ける必要があります。

処方してもらう際には、このニトログリセリンが配合された医薬品と一緒に試してしまうと、ED治療薬の値段は割引の価格やキャンペーンなどで、正規品でないといくら安くても安全ではなく一粒で生命を脅かす危険がここにはあるのです。

ネットの薬局でも初期コストとして初回診察料が掛かり、ここでは病院と同じく保険は利きません。

しかし、誰でも絶対的に命には当然変えることはできません。

それ以外のお客様でも初心者は価格は個人輸入代行サイトでの通販と比較すると1,500円以上と多少高い取引にこれがなります。

しかし、ED治療薬の安全を考えると、いくらの割引よりも初回はこちらを選択するべきです。

これは現在の段階では、勃起するかどうかだけでなく副作用などで予想外のトラブルや大きな問題がなければ、病院で相談しファイザー社のバイアグラではなくジェネリック版の購入に最初はしてみましょう。

病院で診察後に保険や値段を考えて乗り換えるというのも現段階でのコストを抑えるための一つの手段です。

価格よりも最初は安全面を重要視しましょう

偽物のバイアグラの価格は十分の一以下もあります

今のバイアグラの病院や薬局クリニックでの価格は?

現在の薬価基準未収載のバイアグラの病院や薬局、クリニックでの処方は保険は適用されず、価格の平均の相場は25mgで1,300円、50mgが1500円(税込)を正規品一錠の値段の一般的な目安にしましょう。 またED治療薬のジェネリックの価格はシアリス10mgが1,500円、レビトラ10mgは1,500円、国産のキッセイやトーワは1,000円が値段の平均値です。

通販の価格はそこまで低くは設定されていません

インターネット通販の際はどこも注意が必要です

ED勃起不全治療薬のバイアグラの純正品を割引で購入する際には価格だけでなく販売会社の確認も安全のためにはしましょう。

日本では基本的には病院の医師の処方箋が必要なのでインターネット通販は海外からの個人輸入代行業者をジェネリックでは利用する事になります。

セーフティーや信頼度を仕入れ値以上に求めている人はお近くの泌尿器科やクリニックなどで、ED治療薬は保険は使えませんが、確認をしてもらうのが確実な方法です。

いくら一度シルデナフィルを試したいだけでも、友達や誰かに見られたり、知られたりするのは恥ずかしい、何度も病院に通うこと自体面倒だし未だそこまで、これは深刻ではないという時は、後発医薬品もこの額なら非常に便利です。

しかし、ED治療薬はこういった注意すべき点として仮に偽物を通常通りの1,500円程度の料金で一粒を購入させられ、すぐに返金を求めてクレームをしようとしても連絡もできず不可能な場合があります。

価格よりも優先順位は安全性です

ほとんどの個人輸入代行業者は返金やキャンセルは一般的には、設定や価格を考えても難しい状態です。

これは金額だけでなく、バイアグラの純正版を取り扱っている、病院でナインあら本当に信頼のできる所かを見極めなくてはいけません。

ジェネリック医薬品などは半分以下の極端な設定の額になっていることはあります。

しかし純正品は値段は仮に下がったとしても1,450円位までですので、このように今の平均を踏まえても、病院は保険なしで価格はED治療薬はこのオンライン薬局を安全の判断基準にするといいかもしれません。

それ以下のED治療薬の購入の際の価格設定ではファイザー社の純正バージョンは、ここから大幅に割引をしてしまえば、いくらも利益が出せなくなってしまいます。

所謂、世間一般の常識的に考えても1,000円以下までバイアグラが通販で安くなることはありえませんので、後発品のジェネリックでも細部までのチェックと警戒が少なからず必要です。

保険は適用できないので病院の処方でもバイアグラの値段は下がらない

いくら安い値段でバイアグラを手に入れたくても、基本的には病院での購入も価格が下がることはありません。

病院で処方して貰っても保険を適用されませんので、一錠はバイアグラは50mgが1,500円程度、ジェネリック後発医薬品のシアリスやレビトラも1,800円と言うのは変わりません。

それを考えると、通販の送料と病院やクリニックに行くまでの交通費や手間や時間などを比較すると合計額はそこまで大差はないと言えるでしょう。

しかし、病院ではED治療薬の正規品を手に入れることができますが、個人輸入代行では偽物の可能性も高いので、安全を買うという意味では前者になります。

やはり、今の段階での一番の安心はお金に換えようがないですから、本当に自分の勃起や健康状態のことを考えているのであれば、バイアグラは病院で正規品を処方して貰うのが値段は変わらないのでメリットが高いのではないでしょうか。

基本的には通販で注文して何かあった場合でも、ネットの個人輸入代行業者がそれを取り合ってくれるとは思えません。

また、大手のネット薬局の価格の相場も病院とは大差がありません。

しかし、何度も利用するのであればポイントなどで還元できたりするので長い目で見ればお得になるのかもしれません。

いずれにしても、最初にジェネリックの値段を含めてどれが自分に合うかどうかを試すのであれば、バイアグラは保険も使えず価格も変わらないのですが病院がベターなのではないでしょうか。

バイアグラはジェネリックの値段と比較すると平均の相場は約3倍

どこで購入するとしても基本的にはバイアグラは平均の相場で1,500円を保険なしでの正規品は病院の処方の値段の目安に考えましょう。

特に1,400円未満にキャンペーンなどで割引でもないのになっていれば、それは偽物であると価格から判断をしても良いのではないでしょうか。

またクリニックに足を運んだとしても相場はそこから安くなって落ちていることは、ジェネリックの後発品もまずあり得ません。

逆に言えば、それ以上下げてしまえばほとんど利益が無くなってしまうものなので、保険適用はなく、その価格の設定が病院でも限界です。

バイアグラだけじゃなくどのED治療薬も保険の適用外なので、病院に行けば保険もなく安い額で手に入れられる訳でもないのです。

そうなってくると交通費やガソリン代と通販の場合は送料を含めた値段を比較しなければ、どこが一番安いかは選択できません。

もちろん費用だけじゃなく重要なのは購入したバイアグラが本物であることですから、病院やクリニックでの処方で正規品でなければ、これは困ります。

そういった意味でも、安全をより優先していくベストな手段はやはり、診察を受けてまとめ買いをすることです。

しかし、病院ではジェネリックも保険適用もなく値段はまとめ買いでも安く割引されることはありませんし、通販とは違ってポイントで還元されることもないのです。

値段は栄養ドリンクや滋養強壮サプリと比較してバイアグラは高い?

一回の値段でバイアグラの正規品を通販するのとその他のジェネリックや、栄養ドリンクや滋養強壮系のサプリと比較するとどちらが高いのでしょうか。

確かにコンビニやドラッグストアで市販されているエナジー系ドリンクは1,000円以内の額で販売されています。

一番高い物でもユンケル系で1,500円程度の値段になるので、バイアグラが一錠が1,500円程度の価格である事を考えるとかなり高価なものに感じてしまうでしょう。

しかし、実際にそれらの市販のドリンクやサプリメントで納得がいく結果が出たでしょうか?

いくら値段が安くても、バイアグラを飲んだ時と同じかそれ以上にならなければ費用対効果は悪いものになります。

ジェネリックとどちらが本当に意味があるかを価格だけでなく、しっかりと自分の体との相性を考えた上で判断をするようにしましょう。

価格設定だけではバイアグラは本物か偽物の判断はできません

世界中に偽物のED治療薬や類似コピーが出回っています

ここではジェネリック医薬品はカテゴライズを別として考えますが、基本的には割合的には安全でないフェイクのタイプは本物の十分の一くらいの価格で通販で取引して入手できることが比較的、いくらか多いです。

だからといって同じくらいの割引の値段だったら、バイアグラは病院じゃない場所で購入してもこれは確実に純正タイプとは言い切れません。

いくら価格が安くても効果がなければ意味がない

その理由として世界中でバイアグラのコピーが驚くほどの1,500円以下の低価格でチープな作りで生産されているからです。

先進国のアメリカだけでなく東南アジアやアフリカ、ヨーロッパなどでも質の高い、pde5阻害薬のジェネリックは見分けが一般人にはつかないほど精巧に似せられています。

中国や韓国でも同様に安い値段で正規品でないバイアグラが販売されていますので、これには随時、ここからは安全には注意しなくてはいけません。

タブレットや瓶の色やカラーなどで見分ける術もいくつかあるようです。

ただ、注文したものが確実に届くわけではないので、そもそも確実に見分けられることはできません。

保険は適用されませんが、このように病院で診察してバイアグラは処方してもらうのがベストでしょう。

しかし、結局の所ED治療薬のこれはイタチごっこで時間の経過とともに、薬局もあまり意味が無くなってしまいます。

またインターネット通販などでの購入方法は、ジェネリックの値段は解っても見分けや基準を写真では、価格だけでバイアグラは判断できない事が、ここではほとんどです。

ファイザー社独自のRFIDタグなどが導入されましたが、結局、これはイタチごっこになってしまっています。

値段だけでは安全かはわかりませんが一つの選択肢にはなります

しかし、結局、購入して一粒のお金を払って記載した自分の所に来ない事には、このようにED治療薬は安全な純正版かコピーやフェイクかは見た目だけでは病院のものと比較しても簡単にはわかりません。

それは後発品のジェネリックでも同様です。

価格でバイアグラを簡単に判断するのではなく信頼できる、いくら安く割引されていても結果として、病院やクリニックなど責任のある所での購入を間違えのない様に絶対的に丁寧に確認するようにしましょう。

もちろん消耗品ですので、極力できるならED治療薬の費用を抑えられたら良いですが、保険や値段に固執してしまうことはあまりよくありません。

このページの先頭へ