イメージ画像

メガリスはシアリスのジェネリックで副作用が気にならない

メガリスでも満足できるなら三分の一程度に抑えられお得です

タダラフィル配合のシアリスはバイアグラのジェネリックとはいえ購入の価格はほとんど大差ないためメガリスに乗り換えられるならその方がコストは三分の一で済みます。

効果や副作用はメガリスは基本的には、シアリスと大差はありません。

以前に服用したことがある男性で特に問題がなかったという場合には、気にしなくても良いでしょう。

ただし、バイアグラしか飲んだことがなくという方にはもしかすると、メガリスでは副作用があまりないように感じる方も、男性には多くいるのではないでしょうか。

持続時間もメガリスは20mgなら30時間以上ありますので、余裕をもって使用する事ができます。

ただし、性行為の直前に慌ててED治療薬を口に放り込んでも効果がすぐに表れる訳ではないので注意してください。

ED治療薬はジェネリックも含めて、理想は食前に最低でもセックスの一時間以上前に飲んでおく方が良いでしょう。

メガリスは勃起の強さ的にも比較しても満足できるくらいありました。

メガリス程効果の持続時間はなくても良いかもしれません

これはバイアグラのジェネリックのシアリスにも購入の際に言えることですが、メガリスの効果の持続時間は20時間や30時間も必要な場面はあんまりないということです。

個人差はありますが、やはり飲んだ事実があると、他のことに集中しづらいというメンタル状態になります。

効き目が切れるという感覚があまりないので、そういった点で、メガリスよりも短い持続時間でも自分的には良いと思いました。

メガリス20mgの価格は一箱四錠で2,200円前後です?

550円くらいが一錠の価格にメガリスはなります

いくらメガリスの様なED治療薬を飲んだほうが圧倒的に勃起するとはいえ、これから先の将来のことまで考えるとどうしてもコストはネックになってきます。

今、抱えている症状は年齢と共に回復に向かうことは考えられませんから今後ずっと向き合っていかなくてはいけません。

それを考えるとジェネリックの様な後発医薬品を早い段階から試しておく必要はあるのではないでしょうか。

無理をして節約をして、勃起不全治療薬の様に効果の持続時間が長いタイプでも週末二日間連続となると、さすがにスケジュールが難しくなります。

メガリスだけでなく他の後発医薬品も試してみましょう

これはメガリス以外にも言えることですが、ED治療薬の購入とそのジェネリックはかなり体調や生活習慣や環境によって効果の表れ方が異なります。

前回に服用した時には効果はあったのに、今はまったく効き目がないということは良くあることです。

それは副作用にも同じことが言え、メガリスで頭痛やむくみなどがなかった時もあれば、急に鼻づまりやほてりなどが出ることも可能性としては起きることが充分にあります。

メガリスは持続時間を優先したい時にチョイス

食事の影響も受けにくいメガリスですが出来る限り空腹時に

今、様々なED治療薬が手に入れることができますので、状況によってや自分のライフスタイルによって後発医薬品をチョイスしたり、またバイアグラにしたり何度かシチュエーションに応じて使い分けてみても良いかもしれません。

もちろん、それは持続時間だけでなく、こういった副作用ともしっかりと向き合ったうえで考えていかなくてはいけない問題ですが、特にこのメガリスは30時間以上の余裕がありますので、旅行や外出した時など性行為の時間が読めない時にも便利なタイプです。

不安な点を挙げるとすれば、やはり先進国であるインドのマクレオーズファーマ社という歴史のある製薬会社とは言え、これは海外のジェネリック医薬品であるメガリスに抵抗があるという男性も多くいるようです。

安全性という意味ではインド産よりも国産の方が有利になりそうです。

ただし、やはりメガリスも相性ですから一度トライしてみたから決めてみても良いかもしれません。

【その他のジェネリックの商品の関連記事】

このページの先頭へ