イメージ画像

お酒を飲んだらバイアグラを飲んではいけないわけではない

量をしっかりと守ればアルコールと一緒に服用しても問題はない

そもそも、普段からお酒を飲んでいる人にとっては、アルコールを飲酒する事を、バイアグラを飲むからと言って断ったり辞める事はなかなか難しいのではないでしょうか。

病院に意志に相談をしても特に量さえ守れば問題はないという回答を得ることができるでしょう。

しかし、pde5阻害薬の副作用のことを考えるとお酒を飲み過ぎて深く酔っ払ってしまった時は心臓や体への負担を考えると控えておいた方が良いでしょう。

お酒を飲んだら勃たないのはバイアグラを辞めるのではなく重要なのは用量を守ることです。

お酒は適量なら飲んでもバイアグラは服用可能です

お酒が嫌いだったり苦手で普段から飲まないという男性でなければ、なかなかアルコールが入っていない素面の状態で性行為をしているという割合はかなり低いのではないでしょうか。

結婚をしている夫婦であっても食事と一緒だったり食後の晩酌としてビールや日本酒を嗜んでいる家庭は多くあると思います。

昔からお酒は百薬の長とも言うように適度な量であればリラックスしたり、気持ちを落ち着かせてくれる効果が期待できるため、バイアグラを飲むからと言って極端に控えなくてはいけないものではありません。

しかし、これは何かしらの心臓や血圧計の持病が既にある場合は、その点を医師に相談しておいた方が良いでしょう。

どれくらいのお酒の量なら勃起は大丈夫か、バイアグラは何mgが良いのか、他のED治療薬の方が合うのか等を予め診察を受けておきましょう。

アルコールが入ると弱い男性にもおすすめのバイアグラ

お酒は日常生活に欠かせないため調整して上手に付き合いましょう

日本だけでなく男女にとって二人の距離感を近づけるアイテムの一つに美味しい食事やお酒があります。

デートの時だけでなく、ご飯を食べてビールを飲んで良いムードを作った方がその後の性行為も当然、盛り上がります。

しかし、アルコールが入るとどうしても眠くなってしまったり、勃起しても力が入らない様な状態の弱い男性もいます。

そんな時にはやはり、バイアグラをはじめとするED治療薬はおすすめです。

リラックスしたり緊張を緩和させるお酒はOKです

食後にトイレのタイミングなどで、持ち歩いておけばどこでも飲むことができます。

やはり、いくらアルコールのせいだからと言って、ここで一緒にいる男性が寝てしまったり、酔っぱらっているせいでセックスができない状態なのは女性もショックが大きいですし、毎回、お酒を飲むと勃たないなら怒ってしまうでしょう。

もちろん、だからといって安心して飲み過ぎてしまっては弱い人は効果も薄れてしまいますので、注意が必要です。

また、次の日の朝、むくみやすい人はいつも以上に顔や体のむくみを感じるでしょう。

これはバイアグラの副作用の一つですが、お酒を飲めばある程度勃たのは仕方がない事ですので、水分の補給を欠かさずに汗を掻いたり、運動して体を動かしたりしましょう。

アルコールで顔が赤くなる人は特に、血行が良いと言われていますが、ほてりやかゆみが治まらない場合は飲むのは辞めておいた方が良いでしょう。

お酒を飲んだら駄目なイケない男性へのバイアグラの効果は?

はっきり言ってしまうと酔っぱらってしまったら難しいでしょう

お酒を飲むとどうしても射精できない、イケない男性は実は結構多くいます。

そうなると女性に対しても申し訳なかったり、気を遣わせてしまうことになります。

こういう状況ではバイアグラよりも優先しなくてはいけないのは、まずお酒ではなく食事の段階からアルコールを我慢して薄めるように、水分をいつもより多めに摂取するようにしましょう。

またできる限り、飲み会やコンパでもトイレにも多くいくようにしておきましょう。

もちろん、ED治療薬としての効果は、お酒を飲まない時の方が期待はできますが、これまでに勃起するかどうかは未経験で飲んだことがない男性でお酒を飲むと駄目な勃たタイプの方は一度はトライしてみる価値があるのではないでしょうか。

お酒で泥酔状態ではED治療薬も効果はない

けして、バイアグラを飲むときはお酒を飲んだらいけないわけではありません。

しかし、やっぱり泥酔状態と言えるほどアルコールの量が入ってしまうとどんなED治療薬でもあまり効果はありません。

ある程度の量の調整はしなければいけませんし、記憶がないくらいにお酒を飲んでしまっている状態では性行為をするのは諦めたほうが良いでしょう。

それでも、どうしても挑戦したい場合は、たくさん水分を補給して血液中のアルコールの濃度を薄めてからにしましょう。

やはり問題はないとはいえお酒にも副作用はあるのですから、勃たないだけでなく健康状態には男性は注意しなくてはいけません。

お酒を飲んだらいくらバイアグラを飲んでも駄目な男性もいます

体質によってはお酒を飲んだら勃たない、もう反応しないという男性は多くいます

勘違いしてはいけないのは、バイアグラを飲んだらお酒を飲んでも大丈夫だという風な考えを盛ってしまうことです。

元々、アルコールが入ると勃ちが悪かったり、二回戦ができないというようなタイプの男性は油断をしてはいけません。

酔っぱらった状態になってしまうと、いくらバイアグラだけでなく他のED治療薬やジェネリックの商品を飲んだところで、まったくこれでは満足いく勃起できたという結果が、付いてこない事はよくあることです。

しかし、これまでお酒を飲んだ後の性行為に対して勃たないと苦手意識を持っていた男性にとっては、一つの安心材料になる可能性はあります。

ビールやワインや日本酒や発泡酒を飲み過ぎて酔っぱらってしまうと?

何故なら、こうして、お酒を飲んで酔っ払っただけでなく、アルコールが入ったら駄目だという固定概念が既に何度かの失敗でこれが植えついてしまったというケースは良く見られるからです。

そうなってしまうと少量の飲酒だけでも、気持ち的に萎えてしまいがちなのです。

それをこれから先に覆すためにも、一度、きっかけとしてバイアグラを飲んでみることも、このように流れを変える意味では、これは良いのではないでしょうか。

それは20代でも30代でも同様で、これから年齢を重ねていく事にさらにアルコールに対しての懸念は強くなってしまうので今のうちに、お酒を飲むと勃たないのを改善しておいた方が良いでしょう。

このページの先頭へ