イメージ画像

シルデナフィルが主成分のジェネリックのシルデグラの効果

基本的にはバイアグラと一緒と考えて良いでしょう

シルデグラは効果はバイアグラで問題がなければ、同じシルデナフィルを主成分としたジェネリックなので同じと考えて良いでしょう。

当然、仮に火照りや鼻づまりなどの副作用が見られた場合は、同様のケースとなるでしょう。

ジェネリックの考え方としてはED治療薬に限らず、やはり一番の目的は掛かる費用を抑えるということになるでしょう。

アクタビス社製のシルデグラなら50mgなら一箱四錠で通販では1,770円程度で100mgでも1,890円程度です。

そう考えると一錠は440円から、472円程度の計算となりますので、バイアグラやレビトラと購入の価格を比較すると三分の一位の費用になります。

これは年で計算するとかなり差となりますし、これから先を考えていくとシルデグラの様なジェネリックを視野に入れることは必要不可欠なものとなるでしょう。

空腹時に飲むのがシルデグラは良いでしょう

バイアグラと同じ様にシルデナフィルを配合しているアクタビス社製のpde5阻害薬のシルデグラは最初は50mgから始めてみるのが良いでしょう。

最初は空腹時に飲んだほうが期待している効果を得る事が出来そうです。

ED治療薬ですからお酒との併用はシルデグラも特に問題はありませんが、最初は量を上手に気にしながら自分でコントロールしていくようにしましょう。

海外のジェネリックということで安全性に不安を抱く男性も通販では多いので、シルデグラで勃起できるかにチャレンジする際は一箱からの注文にしておきましょう。

通販での評判はシルデグラは様々で千差満別です

当たり前のことですが効果なしという声もあります

同じ悩みを抱えた男性とは言え、体格から食生活など全てが千差満別の人間の体は同じシルデグラのようなジェネリックのED治療薬でも効果はやはり異なります。

そういった意味ではネット上のこの商品の評判はあまり参考にしても意味がありません。

飲み方や環境によっても結果は大きく違いますので、実際にアクタビス社製のシルデグラの50mgもしくは100mgを購入して服用してみない事には副作用もわからないのです。

シルデグラの副作用はバイアグラと似ています

バイアグラのジェネリック医薬品ですからシルデグラの副作用は吐き気や頭痛、高血圧や眩暈などシルデナフィルの類似したものとなります。

それは男性のその時のシチュエーションによっても変化しますので、注意してください。

いくら過去に服用の経験があって特に目立った副作用がなかった方でも後発医薬品では表れることもあります。

また一回目は辛い症状が出たとしても、二回目は薄まっている可能性もありますので、一回だけですぐに判断しない事がシルデグラだけでなくED治療薬はかなり大切で不可欠です。

アイルランドのアクタビス社のジェネリックであるシルデグラの安全性

安全性を求めるなら海外のジェネリックは避ける

特に北欧ヨーロッパのアイルランドのアクタビス社製のシルデグラの安全性が低いという訳ではありませんが、購入方法が個人輸入の通販で在ればやはり不安がどうしても付きまといます。

製造過程や環境などが見えてこない部分も海外のジェネリックであるシルデグラには、これがリスクとして少なからずあります。

ただし、これだけはシルデグラだけでなく海外のED治療薬はどれも大差はありません。

輸入の過程のセキュリティなどを考えると、どの選択肢もリスクはどうしても付きまといます。

値段をとるか信頼性をとるかでシルデグラは異なります

値段だけで言えばシルデグラよりももっと安いジェネリックもあります。

信頼性で言えばファイザー社のバイアグラの方が高いように感じてしまいますが、それは個人の価値観であり、比較した結果シルデグラの方が効果があったというような男性も実際にいます。

いずれにしても最初は様々なジェネリックを数回試しながら副作用や効き目を比較していく方が良いでしょう。

バイアグラ通販【偽物を購入しない方法ED治療薬ジェネリック】


【その他のジェネリックの商品の関連記事】

このページの先頭へ