イメージ画像

バリフはレビトラのジェネリックで10錠で2,000円

効かない場合や副作用が強いことも

他のジェネリック商品と比較してもバリフの一番のストロングポイントは十錠で2,000円、一回が約200円という価格以外はありません。

もちろんバルデナフィル塩酸塩水和物20mgはレビトラの成分とほぼ同様でそれよりも1,300円位安いことを考えると効果があるのであれば試したい気持ちもわかります。

実際にバリフをネット通販で購入して飲んでバイアグラと比較してみました。

いくらバリフが安くても効かなければ意味がありません

感想は、バイアグラよりも効果が弱いような印象を受けました。

しかし、レビトラと比較すると、ジェネリックと言うだけあってほとんど副作用もあまり変わりはない(個人的な感想ですが、光が痛い、多少の頭のズキズキ)などになります。

ただし、一つ言えるのバリフは飲んでから本当に大丈夫かなという精神的にもネガティブな感情が服用してから、勃起するまでしばらく消えないということです。

一週間もすれば忘れてしまうのですが、どうしてもインド産のレビトラのジェネリックのバリフは価格の安さ上に、そういったマイナスの要因も本当にあることを忘れてはいけません。

逆に言えば、そういった固定概念があるがゆえに、バイアグラと比較すると効果なしという判断をしてしまっている男性もこのジェネリックには本当に多いのかもしれません。

バリフはレビトラのジェネリックで効果や副作用は似ている

バリフなら週一回のセックスでも年間9,600円

その点ではバイアグラを通販で購入すると約1,500円で週一回の性行為で一年間だと七万円以上になります。

価格だけで比較するとレビトラのジェネリックのバリフの魅力はかなり大きいのではないでしょうか。

実際に飲んでみて効果があり、特に副作用の心配がないのであれば乗り換えを考えてみても良いのですが、それにしても一回約200円という価格は本当に安すぎて逆に心配になります。

効果がない場合もバリフは飲み方に関わらず多い

またバリフはレビトラとほぼ同じバルデナフィル塩酸塩水和物を主成分としたED治療薬ですが、飲み方によっては全く効果なしという声もあります。

食事やアルコールに関わらず、何回チャレンジしてもバリフは効き目がなかったというパターンもあります。

やはり200円という価格にはこういった失敗はどの状況にもかかわらず付きまとうことにもなりそうです。

一回チャレンジして駄目だったら、諦めてるほうが副作用や健康状態を視野に入れるとバリフは比較しても良いのかもしれません。

バリフのアジャンタファーマ社はインドはムンバイのジェネリック製薬会社

個人輸入代行業者でしかバリフは購入はできない

日本のクリニックに足を運んでもバリフを処方してくれる場所は実はありません。

その他の国産のバイアグラのジェネリックやレビトラは購入は出来てもバリフはできません。

やはり考えられる一番の理由はその製造過程の不安や安全性ということができるのではないでしょうか。

インドのムンバイにあるアジャンタファーマ社は世界的にも有名な大きな製薬会社ですが、だからと言って安全かというと疑問が残るのです。

インド産のバリフの安全面での心配は大きい

やはり日本人である以上東南アジアやインドにあるバリフの製薬会社に対する信頼感が薄いというのはある程度仕方がないと言えます。

世界的には有名だったとしても、どうしても衛生面や製造工場の従業員の労働環境など踏まえると不安が付きまといます。

いくらレビトラのジェネリックのバリフが安いからと言って、さすがに危険を冒してまでどのような副作用がいつどのように起きるかわからないバリフを飲みたいという男性は少ないのではないでしょうか。

確かに費用という面ではバリフは魅力的ですが、それ以外は効果の面でもネガティブな要素もあります。

【その他のジェネリックの商品の関連記事】

このページの先頭へ